【完全版】設備管理業界のキャリアアップまとめ!|勝ち組を目指す

ビルメン(まとめ記事)
スポンサーリンク

このブログではこれまでにビルメンのキャリアアップについて様々な記事を書いてきました。

最近古い記事が埋まってきていると感じるので、キャリアアップ関連のまとめ記事を作ることにしました。

各見出しから詳しい記事へ飛べるので、好きなところから読んでみてください。

ここで紹介している記事を読むことで、

  • ビルメンのキャリアアップルートを知りたい
  • ビルメンで年収を上げたい
  • ビルメンで出世したい

このような悩みにお答えします。

平凡なビルメンがキャリアアップして出世するには?

ビルメンが出世するためにはどのような方法があるのでしょうか?

それを5つのステップに分けて解説しています。

有能ビルメンにありがちな事

ビルメンテナンス業界にもたまにすごく有能な人がいます。

「ビルメンじゃなくてもどこの業界に行っても活躍できそうだな」

というような人です。

そんな有能ビルメンにありがちな事をまとめました。

無能ビルメンになってしまったらどうするか?

ビルメンを始めてみたは良いものの、なんか向いてない気がする」

「でもすぐに辞めるような感じでもない」

こんな感じの人に向けて書きました。

ビルメンに限らず他の仕事でも同じかもしれません。

勝ち組ビルメンの特徴4選

ビルメンにおいて勝ち組とはどのような状態を言うのでしょうか?

単純に年収が多ければ多いほど良いというものでもないと思います。

そんな事をまとめました。

ビルメンを長くやるなら所長になってはいけない理由とは?

ビルメンの所長(責任者)になると確かに収入は増えるのですが、デメリットも多くあります。

私が所長をおすすめしない理由を解説します。

やばいパワハラビルメン現場からはすぐに逃げる

「こんな現場に配属されてしまったらすぐに逃げよう」

という現場の特徴をリストアップしました。

電験三種を取ってビルメン業界でステップアップ

電験三種という資格を取ることが出来ると、ビルメン業界では非常に強力です。

キャリアアップの幅も広がり、転職も容易になります。

ビル管こそコスパ最強のキャリアアップ資格

電験三種は難しいという人も多いので、そういう人はビル管を目指すことがおすすめです。

ビルメン業界随一のコスパの良さを誇る資格です。

ビル管・電験の「選任」のメリットとデメリットは?

ビル管や電験三種の資格を持っていると選任される可能性があります。

選任についての詳しい説明と、メリットデメリットをまとめました。

ビルメンから公務員へ転職してキャリアアップ

実はビルメンから公務員へ転職する人も結構いたりします。

  • どんな公務員になっていくのか?
  • どんな資格を持っていれば有利なのか?
  • ビルメンが公務員へ転職する理由

これらのことを解説しています。

ビルメンとビルマネの違いとは?

ビルメンからビルマネの仕事にステップアップする人もいます。

両者の違いや注意点をまとめています。

まとめ

いかがでしょうか?

ビルメン業界のキャリアアップについてまとめてみました。

出世したり資格を取ったり、他の業界へ行ったりなど様々な方法があるので、自分の進みたい道を見極めて行動していく事が大事です。

  • ビルメン業界でもやっぱり年収を上げていきたい
  • 年収より自由な時間が欲しい
  • プレッシャーや責任はなるべく負いたくない

希望によって進路は全然違ったものになってきます。

このブログではこれからもビルメン初心者に役立つ情報を発信していくので、良ければブックマークしていただけると嬉しいです。

では、ここまで読んでいただきありがとうございました!

▼あわせて読みたい記事はこちら▼

【完全版】設備管理に必要な資格まとめ!|需要や難易度は?

【完全版】設備管理業界の実態まとめ|働き方や将来性、待遇など

【完全版】設備管理業界の年収まとめ!|あらゆる疑問を徹底解説!

▼ビルメン資格に強い通信講座▼

技術講座専門のJTEX なら電験三種やビル管などのビルメン系資格に強みを持つ老舗なので、独学が捗らない人にはおすすめです。

合格のために効率化されたテキストが分かりやすいと評判です。

JTEX公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました