ビルメンになるために上京するのってアリ?【新生活で心機一転】

ビルメン(転職)
スポンサーリンク

「ビルメンやりたいけど地方だから仕事がない・・・」

「ビルメンやるために上京するのってどうなの?」

このような悩みを持っている方はいませんか?

この記事では「地方に住む人がビルメンをやるために上京するのはアリなのか?」というテーマで解説しています。

あなたの転職活動の参考になれば幸いです。

【結論】上京してまでビルメンを目指すのはおすすめしない

結論から言うと、私はビルメンになるためにわざわざ上京するのはおすすめしません。

例外的な場合もありますが、基本的には辞めた方が良いと思っています。(例外は後で解説しています。)

なぜこのように思うのか、その理由3つを下記で説明しています。

【理由1】給料が安くて生活が苦しくなりがち

このブログの他の記事でも言っていますが、ビルメンという仕事は基本的に給料が安いです。

もし都会に出て、そこからビルメンをやるとなると、

  • 引っ越し代がかかる
  • 最初は特に給料が安い
  • 都会は家賃が高い
  • カツカツで苦しい生活になるかもしれない

このような理由できつくて余裕のない生活になるかもしれません。

極端な事を言うと、住み慣れた田舎でフリーターをしている方が幸福度が高いかもしれません。

▼参考になりそうな記事はこちら▼

【理由2】都会に出るならもっと良い仕事があるのではないか

仕事を求めて都会に出ると言うこと自体は良いことだと思います。

地方は仕事がないというのは事実ですから。

もし上京するならビルメンだけではなくて、もっと幅広く仕事を探してみることをおすすめします。

何もビルメンに拘らなくてももっと良い条件の仕事があるかもしれません。

どうしてもビルメンがやりたいんだ!という考えは素晴らしいと思うので否定はしませんが、都会には色々な仕事があります。

こんなことを書いていますが、私はビルメンがダメだと言っているわけではありません。

仕事内容・休日・給料などを考えてもコスパの良い職業だと思って気に入っています。

色々な仕事を比較して検討した上で「やっぱりビルメンがやりたいな」と思うならぜひ挑戦してみてほしいです。

未経験の文系からでもビルメンになれるのか?【余裕です】

フリーターするくらいならビルメンになれ!【むしろ楽】

【理由3】ビルメンも激務だったり人間関係で離職率が高い場所もある

ビルメンも現場によってはピンからキリまで様々です。

「仮眠もろくに取れないようなところ、人間関係が破綻しているところ、異常に給料が安いところ」

現場ガチャでハズレを引いてしまうとこんなところに行く可能性もあります。

都会で既に実家や持ち家に住んでいる人なら、変なところに入ってしまっても一旦辞めて、また仕切り直しとすることもやりやすいです。

しかし一念発起して地方から都会に出てきて、住む場所も決め、転職活動をしてようやく決まった仕事を簡単に辞めるのはそれほど簡単ではないのではないでしょうか?

このようなリスクもあるので私は上京してまでビルメンを目指すのはおすすめしないのです。

職場で空回りする意識高い系ビルメンの特徴3選【バランスが大事】

厄介なビルメンの人間関係【嫌われる人の特徴3選】

地方にもビルメン(設備管理)の仕事は少ないけど、ある

それにビルメン(設備管理)の仕事がしたいのなら、地方で探してみるのも良いと思います。

確かに首都圏と比べると求人の数はダントツで少ないのですが、それでも丹念に探すと地方にも設備の仕事はあります。

本当にビルが全くないようなところは別ですが、県庁所在地くらいの地方都市なら仕事はあるのです。

そこでビルメンというのがどういう仕事なのかお試しでやってみて、続けていけそうなら都会へ出て良い条件のビルメンテナンス会社へ転職するのも良いかもしれません。

地方の設備関係の仕事は首都圏と比較してさらに給料が安かったり休日が少なかったりしますが、そこは地方なので仕方ないと割り切って我慢しましょう。

地方でビルメンの仕事を探すなら転職なら【DODA】求人情報・転職支援会員募集という転職サイトがおすすめです。

このサイトなら求人数が豊富で都会だけでなく地方の求人も掲載しているので探してみるとイイでしょう。

無料登録をすると、非公開求人にもアクセスできますよ。

↓DODA公式サイトはこちらをクリック!↓

DODA公式サイトはこちら

【例外】上京してビルメンをやっても良い場合はこんな時

下記のような場合には例外的に上京してビルメンをするのもありだと思います。

全く仕事が無い所に住んでいて、都会に出てもビルメンしか受からなかった

今住んでいるところに全然仕事がないという人は、仕事があるところに移動するしかありませんよね。

どうせ引っ越すなら仕事の多そうな都会へ行く人も多いでしょう。

都会へ出て転職活動をして、たくさんの仕事の面接を受けてみて、結果的にビルメンしか受からなかったという場合は、何かの縁だと思ってビルメンをやってみるのも良いと思います。

最初からビルメンだけを目指すのはどうかと思いますが、色々比較して面接を受けてみて、それでもビルメンが良いと思うのならぜひ挑戦してみてください。

ビルメンの志望動機どうする?盛り込みたいポイントと例文はこれ

地方でビルメンをやっていてステップアップのために転職する場合

地方都市で既にビルメンをやっている場合は、ビルメンがどんな仕事か分かっているし、ステップアップとして転職してそれなりの待遇になる可能性もあるのでアリかもしれません。

未経験の状態で上京してビルメンをやってみて、「思っていた仕事と違った・・・」となってしまっては悲惨ですが、このパターンではその心配は少なそうです。

やはりビルメンの仕事の給料や休日、福利厚生などの待遇は首都圏の会社の方が良いので、地方の待遇に満足出来ないなら都会に出てきてみるのも手です。

▼参考になるビルメンの記事はこちら▼

まとめ

いかがでしょうか?

ビルメンを目指して上京することへの解説でした。

記事で挙げたような理由で私は基本的にビルメンのために上京することはおすすめしません。

復習すると、

  • 都会の生活コストを考えるとビルメンの給料では心もとない
  • 都会にはビルメン以外にも良い仕事がたくさんあるかもしれない
  • ビルメンもある意味現場次第の運ゲー
  • 上京してきて現場ガチャを回すのはリスクが高い
  • 地方にもビルメンの仕事はある
  • キャリアアップのために都会のビルメンに転職するのはアリ

それでは良いビルメンライフを!

▼ビルメンを目指す人におすすめの書籍▼

▼あわせて読みたい記事はこちら▼

【薄給】地方でビルメンという仕事をやりたい人へのアドバイス

【求人を見るポイント】ホワイトビルメン会社の条件6選

【安月給】一人暮らしをしたいビルメンが注意しておくこと【自立】

【安泰?】ビルメン業界で食いっぱぐれないための資格と経験とは?

ビルメンになって自腹で購入した仕事道具8選【あると便利】

▼シェアハウスとアパートのハイブリッド「シェアドアパートメント」▼

東京で家賃3万円から住めるシェアハウス-シェアドアパートメント-

  • 東京に家賃3万円~から住める!
  • 保証人不要!
  • 水回りだけをシェアして個室でプライバシーを確保!

コメント

タイトルとURLをコピーしました