ビルメンの24時間勤務はきついし辛い!?【好き嫌いが分かれる】

ビルメン(仕事内容)
スポンサーリンク

「ビルメンになると24時間勤務(宿直)があるみたいだけど、どんな感じだろう?」

「24時間勤務が楽って人もいるし、きついって人もいるけど実態は?」

このような疑問を持っている方はいませんか?

ビルメンの中でも宿直勤務が好きな人と嫌いな人がいて、結構ハッキリ分かれるので、それぞれの意見を聞くと面白いです(笑)

この記事では現役ビルメンの私が24時間勤務の好き嫌いについて解説します。

  • 24時間勤務を検討している
  • 24時間勤務のメリット・デメリットを知りたい
  • どっちを選ぶか判断基準が知りたい

このような人はぜひ最後まで読んでみてください。

↓マイナビエージェントでビルメンの仕事を探してみる↓

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

ビルメン(設備管理)の24時間勤務(宿直)とは?

そもそもですけど、ビルメンの24時間勤務(宿直)とは、

9:00~翌9:00

のように職場で24時間(1日中)拘束される勤務形態のことです。

多くの現場で4~6時間くらいの仮眠の時間もあります。

ビルメン以外の仕事では、

  • 施設警備
  • 用務員
  • 発電所・浄水場
  • 医師

このような仕事も宿直勤務があるようです。

詳しくは下記に参考記事を貼っておきます。

24時間勤務(宿直)が好きな人・嫌いな人の特徴

「24時間勤務があるからビルメンやってるよ!宿直最高!」

「宿直なんて二度とやらないよ!日勤の仕事に戻りたい!」

同じ現場のビルメンでも宿直に対する意見は様々です。

ここでは24時間勤務が好きな人と嫌いな人のそれぞれの意見を紹介します。

【メリット】24時間勤務が好きな人

宿直勤務が好きな人は以下のような点が好きとよく言っています。

  • 明け休みがあり、休日が増えたような気になる
  • 通勤回数が少なくなるし、宿直明けの電車は空いていて快適
  • 自宅の光熱費が浮く
  • 宿直手当がもらえるので給料が増える
  • 夜は比較的まったりしているので気が楽
  • みんなが通勤しているのを横目に家に帰るのが好き

メリットとしてはこのようなことがあります。

「宿直がないとビルメンの旨味ゼロ!全部宿直勤務にしてくれ!」

こんな事を言っている同僚もいました(笑)

その人は実際に全て宿直勤務になって月の通勤回数が10回とかになっていました。

確かにこうして見ると、給料は増えるし自由な時間も多くなるし、良いことも多いと思います。

上に挙げたようなことが魅力に思える人はぜひ24時間勤務を1回やってみると良いでしょう。

それでは宿直勤務が嫌いな人の意見も発表していきます。

【デメリット】24時間勤務が嫌いな人

宿直勤務が嫌いな人の意見は以下のような点です。

  • 夜に職場で寝れないので結局明け休みに寝てしまう
  • 24時間勤務が単純に長過ぎるし疲れる
  • みんなが帰る中で職場に残される置いてけぼり感が嫌
  • ずっと日勤の仕事をしてきたので変な感じがする
  • 宿直・夜勤を始めてから体調が悪くなった
  • 友達や家族と予定が合わない
  • 仮眠室で使い回しの布団を使いたくない

嫌いな人の意見はこんな感じです。

特に「寝れない」とか「体調が悪くなる」といった事は結構深刻です。

そういう人は宿直勤務は止めておいた方が良いでしょう。

身体を悪くしてまでやるような仕事でもありません。

私が思うに、

繊細な人や結婚して家族がいる人は24時間勤務はおすすめしません。

また、布団に関してはビルメンになって自腹で購入した仕事道具8選【あると便利】の記事で紹介しているように自分で専用のを買うのもアリです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

【実体験】結局一度はやってみないと分からない

私がビルメンになる前は24時間勤務など一度もやったことがありませんでした。

ですから自分に出来るのかどうか非常に心配していました。

しかしこの記事で挙げたメリットの部分も認識していたので、楽しみでもありました。

そして実際にビルメンになってみて、宿直勤務を体験すると、私は職場でもわりと寝れる方でした。

そのために明け休みも上手く活用できるし、最初は宿直勤務が好きなビルメンでした。

ただ、最近は宿直勤務にも飽きてきて、ちょっとだるいなと思っています(笑)

どちらかと言うと神経質な方だし、集中力も続かない方なので、夜間に作業とかが入るとフラフラになります。

確かに宿直勤務はメリットも大きいですが、嫌な人はとことん嫌になります。

自分がどっちのタイプなのかは結局やってみないと分からないと思うので、少しでも興味がある人はやってみると良いと思います。

ビルメンじゃなくても施設警備などでも24時間勤務は体験できるので、そちらに行くのも良いかもしれません。

▼あわせて読みたい記事はこちら▼

ビルメンと施設警備ならどっちが良い?【選び方を解説】

夜勤で眠いのは思った以上に辛いですよ

夜勤というものはやってみないとそのきつさは分からないと思います。

寝たいのに寝れない状態が続くと徐々にストレスがたまっていきます。

やっぱり人間は日が昇っている時に働いて夜は寝ているのが健全なんだなと感じましたね。

繰り返しになりますが、夜勤が屁でもないというくらい大丈夫な人もいるので、体質の問題かと。

誰しも一度くらいは徹夜をしてフラフラになったという経験あるかと思いますが、あんな感じの状態で何時間も仕事しますからね(笑)

まとめ

いかがでしょうか?

意見が真っ二つに分かれるビルメンの24時間勤務についての解説でした。

宿直が無理って人はわりと早く職場を辞めていきます。

寝れない・体調が悪いというのは想像以上に辛いものだと思います。

健康を害してまでビルメンを続ける意味はないので賢明な判断でしょう。

逆に言えば細かいことを気にしないどこでも寝れるような人には宿直勤務ありのビルメンの仕事を強くおすすめします。

この記事がビルメンを検討している皆さんの参考になれば嬉しいです。

それでは、良いビルメンライフを!

▼あわせて読みたい記事はこちら▼

【夜勤NG】宿直勤務を避けてひたすら日勤のみを求めるビルメンになるには

ビルメン初心者が読むべきおすすめ本3選【実務書はこれだけ】

ビルメン(設備管理)に向いている人ってどんな人?【5選】

ちょっと待って!ビルメン転職に失敗した人の具体例4選【注意】

コメント

タイトルとURLをコピーしました