【激務と言われるけど・・】巡回ビルメンに向いている人の特徴4選

ビルメン(仕事内容)
スポンサーリンク

ビルメンには「常駐型」「巡回型」があるという話はこのブログでもしてきました。

この記事では「巡回ビルメン」を深堀りして、

  • 巡回型ビルメンに向いている人ってどんな人?
  • どんな人が巡回ビルメンになると良いの?

このような疑問に答えていきます。

もし当てはまる方がいれば、巡回ビルメンも検討してみてはどうでしょうか?

【おさらい】常駐型ビルメンと巡回型ビルメンの違いについて

常駐型ビルメンとは文字通り一つのビルに常駐して一つのビルだけを担当しています。

日々の業務として検針管球交換、設備の定期点検トラブル対応をしていきます。

オーナーやテナントとの折衝なども業務に含まれます。


それに対して巡回型ビルメンとは複数のビルを担当して、1日に何件かを決めて定期的に巡回点検していきます。

ビル間の移動手段は車、電車、自転車、徒歩など様々です。

定期的な点検だけでなくトラブル対応などもあり、一般的には常駐型ビルメンより忙しくて激務だと言われています。

▼詳しくはこちらの記事で!▼

巡回ビルメンに向いている人の特徴4選はこれだ!

ここでは巡回ビルメンに向いていると思われる人の特徴を4つ紹介します。

結論から言うと、

  1. 雑談より忙しい仕事をしている方が好きな人
  2. 車の運転が好きな人
  3. 短期間でビルメンとしての経験値を一気に高めたい人
  4. 体力がある人

以上になります。

それでは各項目を深堀りしていきます。

雑談より仕事を忙しくしている方が好きな人

常駐型ビルメンだと現場によっては待機時間などのヒマな時間もわりと発生します。

私の働いているオフィスビルでもトラブルなどが無いと結構待機時間があったりします。

そんな時には雑談をすることが多くなります。

人によってはこういった雑談などのコミュニケーションが苦手という人もいるでしょう。

「雑談が続かなくて気まずいから、それなら仕事でもして忙しい方が良い」という層は一定数存在します。


そういった人には巡回ビルメンがおすすめです!


巡回ビルメンだと忙しいことが多いので、雑談をするような余裕がないとこも多いです。

それに忙しいと時間が過ぎるのが早いというメリットもあります。

注意点としては忙しさが行き過ぎると、

  • 昼飯を食べる時間すらない
  • 慢性的な残業
  • 人間関係が悪くなる

こういうこともあるので、忙しすぎて激務になっちゃってるようなとこは気を付けてください。

▼あわせて読みたい記事はこちら▼

車の運転が好きな人

巡回方法は電車、自転車、徒歩など色々ありますが、車に乗って移動ということも多いと思います。

ですから、車の運転が苦にならない人・運転が好きな人というのは巡回ビルメンに向いています。

普段は電車移動だとしても、夜間のトラブルで現場に行かなくてはいけなくなって、電車が終電になっていると車で現場に向かう必要も出てくるかもしれません。

そういう事情で巡回ビルメンになりたい人は運転免許を取っていると採用に有利になるでしょう。

短期間でビルメンスキルを一気に高めたい人

ビルメンで「仕事が出来る人」と「仕事が出来ない人」の差とは何だと思いますか?


技術や知識、コミュニケーション能力などももちろん大事です。

そしてそれらと同じかそれ以上に「経験値」というものが重要になります。

巡回ビルメンになると、この「経験値」が跳ね上がります。

複数のビルを巡回し、数多くの設備に触れて、トラブル対応の数も常駐型とは比べ物になりません。

こうしたことから巡回ビルメンで揉まれると短期間でビルメンとして一気に成長することが出来ると言われています。

忙しい(激務)だけど、その分メリットはあるのです。

▼あわせて読みたい記事はこちら▼

体力がある人

一番向いている要素といえば、ズバリ「体力」だと思います。

ビルとビルの間を駆け回り、対応に追われる巡回ビルメンは正直体力がないとやっていけません。

1年、2年と巡回ビルメンを経験していけば、遅かれ早かれ知識や経験は後から付いてきますが、体力そのものがなければ途中でギブアップしてしまう可能性もあります。

とは言え所詮ビルメンなのでそこまで心配することもないです。

ただ、常駐型よりは体力が必要とされる仕事だということは心に留めておきましょう。

最初に巡回ビルメンで経験値を貯めておくと後が楽な話

私の現場でトラブル対応にめちゃくちゃ強い先輩(Aさんとします)がいました。

ある時私は疑問に思って、聞いてみました。

私「なんで、そんなに詳しいんですか?」と。

するとAさんは教えてくれました。

Aさん「僕は昔巡回ビルメンをやっていて、その時にめちゃくちゃ経験を積んだ。正直かなりきつかったけど、あの時苦労したから今は楽できる。一度苦労しておくと後から他の現場でも楽出来るからビルメンって良いよな。」

これを聞いて私は、「確かに、そうかもしれない。」と思いました。

Aさんはどんなトラブルの時でも冷静に落ち着いていて、焦っているのを見たことがありません。

その秘密を知って巡回ビルメンのメリットを確認しました。

巡回ビルメンは基本きついけど、やる価値はある

ここまで説明してきたように巡回ビルメンにはデメリットもありますが、逆に大きなメリットもあります。

それはビルメンスキルを圧倒的に高められることです。

遅かれ早かれいつかは実力を付けないとビルメン業界で長く働き続けることは難しいでしょう。

それなら若さとやる気のあるビルメンなりたての頃に多少苦労するのも考え方としてはアリだと私は思います。

巡回ビルメンは求人数が比較的少ないので、ビルメン求人の豊富な転職なら【DODA】求人情報・転職支援会員募集というサイトを使って探すのがおすすです。

ここに無料登録をすると非公開求人にもアクセスできるので、応募できるビルメン求人の幅が広がるはずです。

履歴書や職務経歴書の添削もやってくれるので、不安な方はぜひ。

自分一人で転職活動をするのは大変なので、こういったサービスを利用するのが吉です。

↓DODA公式サイトはこちらをクリック!↓

DODA公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしょうか?

巡回型ビルメンに向いている人の特徴4選と巡回型ビルメンのメリットについての記事でした。

復習すると、巡回型ビルメンに向いているのは、

  1. 暇な現場で雑談するより忙しい現場で仕事する方が好きな人
  2. 車の運転が好きな人
  3. 短期間でビルメンスキルを一気に高めたい人
  4. 体力がある人

以上になります。

上記に当てはまる人はもしかすると常駐型ビルメンになるより巡回型ビルメンになる方が幸せかもしれません。

それでは良いビルメンライフを!

▼ビルメンを目指す人におすすめの本はこちら▼

▼あわせて読みたい記事はこちら▼

【ビルメン】極楽まったり現場ってどんな特徴?【設備管理のお仕事】

ビルメンに採用されやすい性格5選【面接対策はこれで決まり】

ちょっと待って!ビルメン転職に失敗した人の具体例4選【注意】

ビルメンの志望動機どうする?盛り込みたいポイントと例文はこれ

コメント

  1. ブーム より:

    初めまして。
    私は巡回ビルメンをやっておりますが私の現場では初歩的な対応やトラブルの場数は踏めますが設備の知識を深く学ぶことが出来ません。
    資格を必要とする業務がなく、設備の知識よりも空気を読む力の方が遥かに重要であるため現場リーダーは電気工事士すら持っていなかったりします。

    まぁ基本は実務的には巡回の方が成長出来るのかもしれませんが、こんな会社もあるというのを参考程度にお知らせします。

    • イサカイサカ より:

      はじめまして

      貴重なコメントありがとうございます!

      なるほど、巡回ビルメンでもそのような職場もあるのですね。

      空気を読む力やコミュニケーション能力など人間関係が重視されるのは常駐も巡回も同じなのだと改めて感じます。

      実力を付けたくて巡回になったのにあまり身に付かず、かといって資格も必要とされないとしたら私ならモチベーション的にきついかと思います(笑)

      私は常駐しかやったことなくて巡回は人の話を聞いただけなのでリアルな意見は有り難いです。

      ありがとうございました!

      • ブーム より:

        私の職場は修繕部隊は別にいて、点検時に自分で直せない範囲があれば報告…みたいな業務内容で私が配属されているチームは定期点検で異常を発見するための小間使いみたいなものです(汗

        空気を読む力と言いましたが嫌な仕事なのが管球交換です…

        管球交換の依頼が来たときにテナントからなのか清掃員からなのか、清掃員からの依頼の場合は近日中に近場での点検業務はあるか、で緊急性が変わります。

        緊急性の低い管球交換依頼の場合は近隣物件の点検の際についでに行うことが半ば義務付けられていて、自分だけじゃなくチーム全員の巡回物件を確認して判断しなければならないのが辛いです。

        緊急性の低い管球交換をわざわざ出向いて対応してしまうと他に仕事がない状況でも効率が悪いと怒られることがあります。
        ただし、清掃員からの依頼であっても近日中に近場での点検がない場合は早めに出向いて対応しないといけないので、これを放置していても怒られます。
        いちいち他人の現場まで調べること考えたら、この判断の煩わしさの方が非効率な気がします(汗

        資格の取得があまり推奨されていないのでモチベーションが全く上がりません。こんなのビルメンじゃない(汗

        ちなみに私は力をつけたくて自ら巡回を選んだのではなく、常駐員になりたくて常駐の求人だけに絞っ就活したのに嘘求人で巡回員にされてしまいました(泣

        なのでもうすぐ退職して今度こそ常駐員を目指してます。

        長々失礼致しました。

        • イサカイサカ より:

          巡回ビルメンの詳しい事情をありがとうございます

          管球交換でそんな気を使わないといけないなんて非常に驚きました

          確かにその判断自体が非効率ですね(笑)

          そして嘘求人をいうのも聞いたことはあるけど実際にそんなことあるんですね

          巡回ビルメンというのは嘘求人を使わざるを得ないほど人が来ないのでしょうか・・・

          巡回の経験が転職活動にプラスに作用することは間違いないと思います。
          転職活動、頑張ってください!

タイトルとURLをコピーしました